GS1データバー限定型を作成する

GS1データバー限定型は、(01)と商品識別コードを含む14桁の数字(0-9)で構成されます。

(01)から始まり、先頭のインジケータ(1桁)は0か1のみ、次いで商品識別コード(12桁)とチェックデジット(1桁)です。(01)04912345123459のようにご入力ください。なお(01)は省略できます。

GS1データバー限定型の見本

GS1データバー限定型とは

GS1データバー限定型(GS1 Databar limited)は、GS1データバーのシリーズのなかでも、商品識別コードに限定したバーコードです。数字のみで表現される商品識別コードに制限することで、よりコンパクトに表示できます。

GS1データバー限定型は80%まで縮小することができます。背景に色を入れる場合には、左側には1モジュール分のスペース、右側には5モジュール分のスペースを確保する必要があります。GS1データバー限定型はバーとスペースの色を反転して使用することはできません。なお、識別子(01)は印字されますが、バーコードシンボルには含まれていません。

2015年7月1日以降は、医療用医薬品の調剤包装単位と販売包装単位について、GS1データバーの表示が行われています。

GS1データバー | 標準化活動 | 一般財団法人流通システム開発センター

https://www.dsri.jp/standard/barcode/gs1-databar.html